福岡握手会ーサプライズー1

夢のような大阪握手会の全工程を終え、新大阪からのぞみに乗りました。


帰りの新幹線も、玉友さまたちと、大盛り上がりの玉トーク

大満足の大阪ライブ&握手会






ここで、唐突ですが、勢いで まさかの福岡トーク&握手会行き決定







広島に降りると、各自旦那さまに電話し、了承してもらいます。




もう遅いので、帰ってから福岡の握手会のことを調べることにして、ここで一旦解散しました。







5月10日(日)

ぐっすり眠って、起きるとまだテンション上がったままです。


今日は急なので、福岡で玉友さまと会う約束もなく、「のんびり行こうね~」ということだったので、気分は高揚してましたが、十時過ぎの のぞみで出発です。


尽きない玉話に花を咲かせていると、1時間少々で博多駅です。

大阪より近いですね。新大阪まで同じのぞみで、1時間36分かかりますが、博多だと、1時間7分でした。

呉から広島まで、各駅で40分かかるので、すごく近いですね。


100円バスに乗って、キャナルシティー博多まで、すぐでした。



福岡は残念なことに、ライブはなくトークと握手です。

整理券もA券とB券がありまして、トークを真直に聞けるA券はもう完売しているとのことです。

B券はまだあり、会場で当日12時からCD販売の折、配布して下さるそうで、のんびりしてました。



13:05からのトークまで、まだ時間があるので、トークをすることになっている、地下に降りました。

人口池の中の浮島のような丸いスペースで、トークと握手があるようです。

早くも、スタッフが準備を始めています。

あと、フロアガイドを見てみると、噴水の後ろはグランド・ハイアット・福岡というホテルでした。

大体、半円形の建物で、背面の丸い部分に沿って水辺が作ってあり、こころ安らぐ空間になっています。

その半円形の水辺(シーコート、サンプラザステージ、スターコート)を見下ろせるように、キャナルシティのベランダ部分が半円形に取り囲んでいます。



サンプラザステージの後ろには噴水もあり、1時間ごとに5分間の噴水ショーがあるみたいです。


水辺のあちこちに花で作った動物のオブジェがあり、可愛く華やかに、会場を彩っています。


水辺の手前には柵が張り巡らされています。

その柵の後ろの広い通路を仕切ってトークを聞く会場になるようです。




地下1階のトーク会場を見学している間に、


なんと


人が増えて来ました


A券など持ってないわたしたちは、きゃなるしちーのベランダから、トークを見せて頂かなくてはいけないので、のんびりしている場合でなかったです。

あわてて、エスカレーターに飛び乗り、ベランダに駆けつけましたが、もう1列目は隙間なく、人人人人人で、入り込む余地なしです。。

わたしたち3人とも背が低いので、1列目に立たれると、もうアウトです。

わずかな隙を見つけて、確保。

でも、3人も覗ける隙間はないようで、一応、一人がそこを確保しておいて!上の階へアタックしに行く事に!!!





結局、4階に3人が かぶりつきで見れるところを発見!!!して、そちらに移動しました。(ラッキー


福岡でも、玉木宏さんは大人気です^^)~



キャナルシティーの各階のベランダは、今や遅しと玉木宏さんを待つ人々の


観覧スペースを確保して、ほっとしましたが、まだ13:05のトークまでは時間がもう少しあります。


ゆったりと手すりにすがって、地下1階にあるトーク会場サンプラザステージのスタッフの動きをウオッチングします。

なにしろ4階からなので、ステージにスタッフが、ちっこいんです。

双眼鏡でそれでも見ていると、去年のつま恋では司会を、昨日の大阪握手会でも前からの引きはがし隊を担当したMさん(MSさんともいう)がトーク会場のチェックしている模様です。

福岡会場の責任者みたいな方とMさん、しきりに話しています。



それから、順番は覚えていませんが、大阪でもMCされた男性が、円形のコーナーに立って、紙を取り出し、トーク内容を確認したり…

スタッフが入れ替わり立ち替わり、直径10メートル弱?ほどのステージを眺めたり、その中央にトーク用の丸いスツールやマイクをセットしたり、12時過ぎで椅子が熱くなり過ぎたのか、また日陰に持って行ったり…

その間、A券をゲトされた方々が、水辺を楽しむように造られた広い遊歩道を半分柵で囲い、その内側に誘導されます。

スタンディングではうしろの人が見えないためか、みなさん、歩道に直に体操座りです。

このコーナーで見れるのは、大体ですが300人くらいおられたでしょうか?A券は希少な券だったようです。(大体なんで、間違っていたら、ごめんなさいm(__)m)


なにしろ、今回は右手の握力がまだ戻っておりませんで、メモることをしなかったので、わたしのアバウトな印象だけ書かせて下さい。





13:00になりました


噴水ショータイム


わたしとしては、噴水がドラムロールのような…


いよいよ、昨日に引き続き、玉木宏さんに会える~


噴水ショーも上の空で……ひたすら玉木宏さんを待ちます。








MCさんが、玉木宏さんを呼び込みます。


キャーという黄色い声援とともに、玉木宏さん登場です。


手を軽く振り、頭を下げ挨拶しながら、椅子に座ります。


今日の玉木宏さんは、青いTシャツに青緑の細身のパンツ、赤のくるぶし上のスニーカー(ハイカットスニーカー)^^;

そして、地が白っぽくて青っぽい線の入った大判スカーフを三角に折って、首から胸元を覆うように巻いていました。




MCさんは昨日と同じようなことを聞いていますが、

①昨夜は博多で食事をした。

②今日はトークだけで残念。(ミニライブが出来ないのを、申し訳なく思っているようでした。)

③ツアーの時は福岡に一番に来ます!


聞こえた限りでは、この3点が大阪の時と異なっていました。



実は4階だったので、トーク内容が洞窟の奥から聞こえてくる感じで、細かい感じは聴こえなかったです。

玉木宏さんはインタビューを受ける間、すごく落ち着きがなく、椅子をくる~りくる~り回して会場を見渡したり、上を見たり、結構、トークの時、落ち着きないそうです。

同じ質疑応答されると、飽きちゃうのかもしれませんね~^^

もう少し、MCさんも変わったことを聞いてくれればいいのにと、贅沢なこと考えてしまいました。




わたしは、双眼鏡でがん見していましたが、なにしろ4階は真上みたいなもので、よくしても玉木宏さんの斜め横しか見えず、声はくぐもってしか聴こえません。


トークは12分で終了しました。

あの、真上に太陽がある状況では、長いトークは無理だと感じました。

まして、その後に握手会が控えていては、止む終えない気もします。




引き続き、握手会の準備が整えられ、握手会が始まりました。

昨日の大阪握手会と同じく、玉木宏さんがファンと握手すると、左のMさんと後ろの引きはがし隊のおねえさんの連携で、ファンは横移動させられ、握手終了となります。



握手会ウオッチャーとしては、今日の握手速度は昨日の大阪より、ゆっくり丁寧です。


玉木宏さんは、しっかり一人一人の言葉を聞いて、ゆっくり返事しているように見えます。


そして極め付きは、昨日は見られなかった、ファンに対してのバイバイです


握手して玉木宏さんから、「あれ~!」という感じで引きはがされていくファンに対して、玉木宏さんがバイバイをしているではないですか


こんな動作は大阪では、見られませんでした。まあ、たまにはバイバイしていたかもしれませんが、握手したファンに、少なくとも、最初ころはずっとバイバイしていました。



でも、よく見ていると、バイバイでもないような



玉木宏さんはファンと握手したあと、離れた右手を軽く上げて、バイバイというより、挨拶しているようにも見えます



なんじゃろな~




これは、推測ですが、玉木宏さんは「ライブもないし、トークも短くて、ごめんね。今日は来てくれてありがとう!」という気持ちがこもっているような感じがします。


そんな雰囲気をかもし出していました。



謙虚すぎます~。。


スターなのに…


勿体無い、勿体無い、勿体無い……




13:05から始まって、大阪の比べれば少なかった(人数を思い出せません。。300人?程度?)ですが、なにせ炎天下の中、テントもなく、せめて大きめなビーチパラソルもなく、約1時間出ずっぱりです。



ラベルのない水のボトルが、昨日と同じように置いてあるだけです。






けなげなーーーーーーーー





それを、わたしたちのほうは、ひさしのある日陰の4階のベランダから見下ろしていました。



勿体無い勿体無い勿体無い……





トークが始まる前、4階で待っている時、福岡付近にお住まいの玉友さまたちのことを考えていました。


「今日、来とってかね~?」(今日、来られておられるかね~?)

「こんなに沢山の人じゃ、わからんねぇ~…」


その中でもWさまは、わたしがいつも遊びに行っていた掲示板に来られていたり、

わたしがブログを始めると、遊びに来てくださったり、

わたしも彼女のブログに遊びに行ったりしていました。

なんだか、あったかくて、骨太で、生真面目で、繊細な女性で、その気質がかもしだす雰囲気が好きだったのです。


「wさま~、どっかにいないかな~…」

双眼鏡で、各階に鈴なりの人々をチェックしてみます。

「wさまに会いたいなあ~…」




キラキラうちわが目を引きます。

3枚で、『ひ・ろ・し』になってるみたい…
ハンチングハットを被ったおしゃれなママの前に、子供が二人。

スマートであまりにカッコイイママ…もう少し骨太ママのイメージなんですが…

この親子は違うかな…



その後、トーク後の握手会の時、4階から玉木宏さんを双眼鏡で見るのに疲れてしまい、

また、観客ウオッチング




「Wさま~、いないかな~」

どうしても、2階のキラキラうちわに目が吸い寄せられます…

もう一度、じっくり 双眼鏡で見てみます…

今度は子供さんをじっくり 観察…

小学生の女の子2人はキラキラうちわをふってます。

笑顔が可愛い…

時々、後ろを見上げて、ママとおしゃべり…




お姉ちゃまのお顔を…

見たことあるーーー

まさか!!!

Wさまがいつか間違えて送信してこられたお嬢さまの写真!!!

お誕生日のお嬢さまの写真で、お姑さまに送るつもりが、間違って送信されたそうです。

「にてるーーー!!!」

なぜか脳の片隅に保存していた女の子の残像…

「もしかして?Wさま?」

わたしが好きな洋画家岸田劉生の『麗子像』似の女の子…

「Wさまかもしれん!!!」

「でも、お兄ちゃんがおらんねぇ~?違うかもしれん…」

「けど、似とるねぇ…!」


わたしが双眼鏡を覗いて、ぶつぶつ言うのを聞いて、両脇の広島の玉友さまたちが、

「お兄ちゃん、来てないかもしれんよ~!」

「ここにおるけん、Wさまかもしれんけん、聞きに行ってみたらー!」



そこで、握手会も終盤に差し掛かっていたので、急いで2階にGO!!!



エスカレーター2つ下りれば2階のはず…

下りて、さっきまでうちわを振られていたであろう場所へ

あれ~???いません!!!

どこで、間違えたの~???

このあと、3回、エスカレーターを上がったり下りたり…

よりによって、こんな狭い所で、迷うなんて!やっぱり方向音痴でした!



遂にWさまらしき親子の階に

意を決して!

中くらいのノートに、何かスケッチしておられます!

Wさまは玉木宏さんの絵もとても上手!!!

ますます、意を強くして…

「すみませ~ん、間違ってたらごめんなさい。もしかして、Wさまですか?」

わたしのほうを振り返った女性は

」な顔です。

「りえと言います!」

「あーーー!!!えーーー!!!りえさ~ん???」みたいな、驚きようでした。

それから、初対面なのにふつーにおしゃべり!!!

4階で待っている玉友さまに合図する予定だったのを思い出し、

4階を見上げましたが、姿が見えず…

そのまま、おしゃべりしていたら、こちらに下りてくれていたみたいで、合流できました。



思わぬところで、思わぬ人に会うことが出来、

みんな、びっくり!!!



玉トークに盛り上がっていたら、握手会終了しました~

あら~!ごめんなさいずうずうしいおばさんで…

最後ころの玉木宏さん、見れませんでした。



B券の握手会で、お嬢さま2人が握手されるそうで、

手作りお弁当を持って来られているそうで(流石!骨太ママ!)

「また、会いましょう!」と言って、一旦別れました。









神様から、突然、大サプライズの御褒美を頂きました。

ありがとう ございました






                        あと、少しつづく






































この記事へのコメント

2009年05月20日 13:49
りえさまサイドの見え方は、こんなのだったのね~と、くすくす笑いながら読みました。
骨太でありたい(と言うか、理想)ので、そう映ったのでしたら、とても嬉しいです。
現実は、虚弱胃腸夫人です
ふへへへ…。

12時に、もうCDを購入されていたんですね。
購入前だと勘違いしてました。

私、初玉で、見ているようであまりよく見えてなかったようです。
覚えが曖昧で~す
 will
2009年05月20日 21:18
りえさま~!こんばんは~!
もう忘れてしまったことが多くて、記事を読みながらやっと思い出せたっていうのが正直なところです(恥)どうもありがとう♡

キャナルの形状は独特で、玉木くんのいたステージがBF(地下1階)、wさまのいたところが1Fだったはず…。それで、エスカレーターの足元を確認して、行動すると???になっちゃいますよね。

あっ、誰がみてもりえさまの仰る通りにしか考えられないんで、大丈夫ですよ。やっぱり、一緒に行ってればと反省しきりですわ。

wさまとワァ~キャ~言ってると、握手会(A券分)が終わってしまったんですよね(汗)

…ごめんなさい。長くなっちゃいました。
…とにかくツアーで再会できることを楽しみに待ちましょうね
茶子
2009年05月20日 23:57
りえ様~
急きょ福岡行きを決められて、決行したカイがありましたね♪
福岡で玉友Wさんとお会い出来て、りえ様の感動が伝わって来るようです。

玉木クンは連日のトークイベントの疲れも見せず、ライブがない代わりにとバイバイをしてくれてたんですね~本当にファンを大切にする、スターらしくないというか、もっとスター然としててもいいのに、って思うくらいの方ですよね。
レポのつづき、楽しみにしていますね~♪
2009年05月21日 00:11
ハンチングの母さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました~!
 willさまは、骨太であり繊細でもあると、感じました。胃腸が弱いんですね。うちの旦那さまも胃が弱いので、薬が手放せません。

 willさま、正解です。わたしたち、まだ12時にはCDは買ってませんでした。
 初玉でも、しっかり覚えておられます。わたしなんて、時間と人数が曖昧で、やはり少しでもメモしておくんでした。今回は本当に印象だけなので、間違っていたら、ごめんなさいです。
2009年05月21日 00:27
sayukoさま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました~!
 Wさまのところは、1階でしたかーーー!!!
 大勘違いをしてました~!だから、辿り着けなかったんですねーー!馬鹿すぎます!ハハハハもう、3回も行ったり来たりしたんで、だくでした~。
 きゃなるしちーは方向音痴向きの建物でないですねぇ。
 ツアーが楽しみです。新型インフルエンザがもう終息してますように… 
2009年05月21日 00:42
茶子さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました~!
 バイバイというか、お侍が「すまぬ!」と言って手を振り上げる感じにも見えました。どっちにしても、最初ころは、ずーーーと、その動作を繰り返していました。本当に、スターらしくない玉木宏さんでした。役作りもこつこつ努力する人ですが、ファン一人一人に対しても、こつこつ手抜きしない人だと、感心してしまいました。手抜き主婦のわたしは恥じ入りました。
ちょこちょこみんと
2009年05月21日 13:56
りえさま~!こんにちは~~!!
やっとゆっくり遊びに来れました~^^

一気読みしちゃいましたヨン^^
そしてビックリ!!
お怪我大丈夫ですか??いまさらなお見舞いでごめんなさい(汗)

そしてそして!大阪では会えずに残念でした。。。
でも、私は中央から少し左よりの前から5番目に居たので、
りえさまとはかなり近い場所ではなかったかと。。。

次回はきっと!いえ!!是非に会える事を願ってますね
2009年05月21日 14:27
ちょこちょこみんとさま
こんにちは~^^コメをありがとうございました~!
お見舞い有難う御座います。3ヶ月音信不通にしてしまって、ごめんなさい。ちょこちょこみんとさまは頑張って続けておられて、感心してしまいます。
前から5番目!?じゃ、振り返ったら、いらしたかも!ニアミスが多いみたいです。残念…
千秋人形が見れたかも~
次回は、わたしも是非お会いできるよう、願っています。
ミカ
2009年05月22日 13:26
凄いな記憶ですよね。
そんな人々が多い中で、人を発見することも、会うことができなかった人をあうことも、
やはり、りえさんは凄いですよ。

つま恋で、私に話しかけた時が思い出した。その時も、本当に明るくしましたよ。私が韓国人なのに、人見知りも無かったし。

つま恋中でも色んな事を気にして手伝ったし、「韓国」って大きく叫んでくれたし!
周りを盛り上がる雰囲気に変える人ですよね。

機会ができれば、りえさんももう一回会いたいですよね。
2009年05月23日 18:10
ミカさま
안녕하세요∼^^쌀을 감사합니다∼!(こんにちは~^^コメをありがとうございました~!)
『凄い』というか、「Wさまに会いたい!」という思いで、ずっと探していたのが、よかったのかもしれませんね
つま恋では、わたしのほうこそミカさまたちと一緒で楽しかったですありがとうございます。
今度タマクラのホームページがハングル語でも見れますね^^いかがですか?読みやすいですか?それだけ、外国からのアクセスが多いんでしょうね。玉木宏さんの素晴らしさが日本以外の皆様にも分かって頂いて、とても嬉しいです。ミカさまがそれにいち早く気づき、つま恋にまで来て下さったというのに、わたしは感動しました。是非、ツアーで会いましょう

この記事へのトラックバック