大阪握手会ー包帯ー1

SLOW TIMEのつづきは、またにして、もう、握手会のことを忘れそうなので、先に書くことにしました。





連休に来ていた、次女と彼が5月5日の朝、東京に戻り、いよいよ、握手会の準備です^^



空港に二人を送った帰り、旦那さまと広島で、握手会用帽子を探しました。(暑いそうなので)

頭がでかいので、なかなかサイズも合って、デザインも好きなのが、見つかりません。

わたしは美的センス皆無なので、結局、旦那さまに決めてもらい、一安心。

そして、着ていく服も、グローリア体形なので、なかなか合うのがありません。。

いつまでたっても帰れないと思ったのか、結局、旦那さまが決めてくれ、一件落着

旦那さまが、つくづく「くびれがないねぇ…」と、感心していました。

骨折してから、お家でじっとしていることが多かったので、ますます、まるまるとしてきて、スイカだったら褒め言葉になるんですが、握手会前のわたしとしては、「ますます、まるまる」は、困ったことです。






右腕の複雑骨折の手術から、はや1ヶ月過ぎまして、

握手会の2日前は、病院の診察日でした。まだ、レントゲンで見ると骨はつながっていないようです。4月末には、L字型の固定具もはずして頂き、腕が楽にのばせるようになりました。

 
わたしの右腕は、上腕部を15cm切って、12cmのプレート(チタン)を入れ、折れた骨片をボルトでつないでます。(ぎゃぼーん、こわすぎるー!)おまけに、二等辺三角形の骨片は、つながれず、遊離したまま…(ぎゃぼっ!)

昔だったら、石膏のギブスで3ヶ月ほど固定させて、骨をくっつけたものですが、最近はギブスもなにもないんです。(姉が小学校のころ、足を骨折して、3ヶ月ギブスでした。

ただ、主治医の二ノ宮先生(本名ではありません。丸顔の嵐の二ノ宮君って感じです。男前です。玉木先生だったら、失神しちゃいますが、二ノ宮先生は可愛いなあって、お顔を眺めてます^^)が、

①手首はひねってはいけない。
②重たい物は持ってはいけない。
③手をついて、手首をそらしてはいけない。
④指先は使っても良い。

と、注意事項を言われたので、それは守らなきゃー!なのです。

これを守らなきゃ、骨がずれるそうで(あちゃー!)
基本的に、右腕ぶらーんって感じで、切符くらいは持てそうです。



そして、上腕部は傷が残りやすいとのことで、サビオ色の幅広テープを、傷に沿って横に6枚ほど貼っています。

包帯もなにもしていません。

なんか、サロンパスを貼ってる田舎のおばさんみたいで(ていうか、そのまんまなんですけど…)、サビオみたいなテープの下に、15cmの手術跡の傷があるのは見えないし、やっぱり、膏薬貼りのおばさんにしか、見えません。


それで、この右腕をどうしようか、悩みました。

やはり、普通に握手してもらって、骨がずれても困るので、骨折しているのが一目で分かるように、包帯をしてもらうことにしました。




ということで、診察室でテープを替えてもらってる時、二ノ宮先生に、

「大阪へいくので、包帯して頂いていいです?」と、お願いしました。

二ノ宮先生「ええよ~。」と言って、巻いて下さいました。関西のイントネーションです。

主治医の二ノ宮先生はこの総合病院では新人らしく、わたしが初めての執刀だったらしいです。(実は、もう一人の執刀医の先生がほんとに嵐の相葉君そっくりで、わたしは秘かに、『チーム嵐』と呼んでいました。

それで、看護師さんがしてもいいようなことまで、全部して下さいます。

包帯も、丁寧に巻いて下さいました。





二ノ宮先生(本名でない)に包帯巻いてもらい…

あさって、玉木宏さん(本名)に握手してもらい…

2日前から、妄想の翼をつけて、飛んでます…

浮遊してます…







握手バージョンをいろいろ考えていて、最終的に

①「りえと呼んで下さい!」
②「呉から来ました!」(玉木宏さんが潜水艦の勉強をしたところなので、注意をひけるかなと…)
③「骨をくっつけて下さい!」(右腕の包帯のとこでそっと握手していただく)

に、絞込み、妄想してます~





この妄想状態が、思わぬ拷問を引き起こすのは まださきです。


                       つづく

この記事へのコメント

2009年05月13日 01:15
 りえさま~♪ こんばんは~。
 あの包帯は、本当に「神様」的存在だと思いました。
ほんと、『いい仕事、してくれましたぁ』と言いたいですよね。

 それにしても、りえさまの周りには、イイ男がいっぱいいて…いいなぁ
呉まで見学に行きたいくらいだわ~~~ん

@ゆう
2009年05月13日 08:20
りえ様~~~♪
りえ様!!私、りえ様のお怪我のこと、存じ上げなくて・・・すみません!!
包帯とかも気づかなくて、、、

もう、ブログ読ませていただくと、めまいしそうなぐらい大変で!!

私、どの方にも、ぎゅっと握手したりしたんですが、りえ様には、どうだったでしょうか??
もう、記憶があいまいで、、、だいたい、玉木君に会いに来られてるかたがたに、むやみに喜んで、握手したりして、おかしい@ゆうなので、、、

とにかく、でも、りえ様のお会いできて、ご挨拶もできて、とっても感謝でした:*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:
ありがとうございました~~~

静かに??、ご挨拶しただけでしたよね????
2009年05月13日 12:42
sayukoさま
こんにちは~!コメをありがとうございます^^
大阪と福岡では、大変お世話になりました。sayukoさまがおられなければ、わたしの握手会行きはなかったでしょう。新幹線の手配から、会場のアクセス方法を調べて下さったり、移動中はずっとわたしの荷物を持って頂いたり、わたしはただ付いて行くだけでした。有難う御座いました。。包帯の話はまだ続くんですが、包帯が神様だったら、sayukoさまは仏様ですねぇ
残念ながら、呉のイイ男巡りにお誘いしたいところですが、骨折とかしないと御案内出来ないですねー!それとも、病院の通用口で二人して出待ちしましょうか…(笑)ほんと、目の保養になります^^骨折が楽しいです。
2009年05月13日 13:11
@ゆうさま
こんにちは~!コメをありがとうございました!
わたしも記憶が定かでないですが、左手で荷物を持っていたし、別に痛かった記憶もないので、大丈夫でした。
心配して頂いて、有難う御座います。
それより、C子さまが@ゆうさまに会わせて下さるというので、わたしの心拍数は大変なことになっていました。いつも@ゆうさまの情報を読み逃げしてばかりでごめんなさい。直接お会いして、お礼が言えてよかったです。でも、それからの言葉がつかえてしまい出てこなかったので、我ながら情けないです。@ゆうさまは想像していたより、もっともっと明るくて、気さくな方でした。
わたしの主治医の二ノ宮先生(本名でないです)といい、関西の玉友さまは素敵な方ばかりでした。
また、どこかでお会い出来るのを、楽しみにしています。
ミカ
2009年05月22日 11:07
こんにちは。
今、笑っちゃいました。

グロリア、二ノ宮、アイバ、嵐チームなど面白かったんです。あ、妄想も! 

私もリエさんの文を読んだら、想像しながら私も盛り上がりました。

二ノ宮の医者さん?アイバ先生も?良い病院ですよね。いずれ玉木医者さんもいれば良いですよね。

嵐チーム先生達がいるからリエさんの腕が早く治すみたいですよね。
良かった。アメリカの映画の中で、「笑顔は病気を治す」というメッセージを実践する映画がありました。実話だったし, 映画名前はペチアダムス(Patch Adams)と言います。今もしてるみたいです。

とにかく、次の話、期待して読みます。
2009年05月22日 13:58
ミカさま
안녕하세요∼! 어서 오십시오∼!(こんにちは~!ようこそ~!)
わたしはそれまで、あまり病院というものは好きではなかったんですが、二ノ宮先生と相葉先生に執刀して頂いてからは、病院大好きになりました。(現金な人間です)次の診察日が楽しみです。
骨折してから、笑顔一杯です^^;成人してから、こんなに毎日笑顔ばかりで、穏やかで、気分が楽な日々は初めてです。それは、子供がみんな家を出て、自分なりに自立していることや、骨折で仕事も家事も出来ず、結果的に仕事や家事の責任がなくなり、ただ自分の身体の心配だけしていれば良いという状態も関係していると思いますが、思う存分、玉木宏さんのDVDなど観れるのは天国です。ぺチアダムスを観たいですね。

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 大阪握手会ー包帯ー1 たまゆら/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-03 21:06
  • オークリー サングラス

    Excerpt: 大阪握手会ー包帯ー1 たまゆら/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-05 20:21