愛する人を導いて~23号妄想~

 昨日から風邪を引いてしまいました。
 ということで、今日は仕事を休み、お家でいい子にしています。
 お薬は会報23号とRIPPLEです。

 23号は、表紙で魂を射抜かれて、
次の2.3ページの玉木宏さんのメッセージの”ラッキーナンバー23”に納得して、
次のページで、『真夏のオリオン』の倉本艦長の玉木宏さんに撃沈させられ 今日に至りましたがー。





 4ページ目の上の写真。イー77潜水艦の艦長、倉本孝行少佐。


 日本海軍の軍服は正装、礼装、通常礼装、第1種軍装、第2種軍装、第3種軍装などあり、この真夏のオリオンのメイキングの倉本艦長(玉木宏さん)が着用しているのは、第2種軍装の夏服と思われます。

 仰々しい正装の大礼服を着用する正式の場面でも、白いリンネル製の第2種軍装で代用出来ていたようです。

 そして、中尉以下の肩章(丙階級章)には総が付かないそうですが、服装が略式な為かフィクションの為か、倉本艦長は少佐ですが、肩章に総が付いていないのかもしれません。
 {海軍の階級は、大将.中将.少将、大佐.中佐.少佐、大尉.中尉.少尉、の順です。}

 倉本艦長は、その士官の略式礼装であった白リンネル地で詰襟の第2種軍装を着て、潤んだ気遣わしげな眼差しで、誰を見ているのでしょう?






  ここから、妄想ゾーン 突入です





 3年半続いた戦争も終盤を迎えた

 かつて、軍港を塞いでいた戦艦大和も出撃し
 鹿児島沖で 海の藻屑となり

 この港に唯一残っていた潜水艦も、明日の朝
 出撃命令が下りた

 倉本孝行は
 今夜 
 有沢志津子に会い
 その 一瞬一瞬を 
 瞳に焼き付けたかった

 志津子は
 手書きの楽譜を手渡した


 『真夏のオリオン』


 真冬の星座のオリオンが
 真夏に輝くのは
 夜明けの
 ほんのわずかな間だけ

 そのオリオンの輝きを
 垣間見れた者は「吉兆」だと
 船乗りの間で語り継がれている


 「オリオンよ 愛する人を導いて…」





 むかしむかし
 猟師オリオンは狩りの女神アルテミスと一緒に
 仲良く 暮らしていました

 ある日
 それが気に入らない双子の兄 アポロン神は
 雲の上で アルテミスと下界を眺めながら
 「海の上の黒い物は 射れないだろう」
 と 挑発します

 弓の名手でもあったアルテミスは
 海の中を歩いているのがオリオンだと気つかず 
 射抜いてしまいます

 やがて オリオンの遺骸が海岸に打ち上げられ
 アルテミスはオリオンを抱きしめ、号泣し
 オリオンへの愛を永遠に誓い

 
 オリオンを星座にしてもらいます





 オリオンよ 愛する人を 導いて
 もう 二度と 恋人たちが引き離されないよう
 そっと やさしく 
 愛する人の航路を照らして


 アルテミスよ 愛する人を 逃がして
 オリオンとアルテミスの涙で海流をつくって
 あらゆる策略をかいくぐり
 愛する人を 帰航に 導いて


 オリオンよ 


 愛する人を 

 導いて

 

 
 

 

 
 
 
 

 

 
 

この記事へのコメント

will
2008年10月31日 13:51
ギリシャ神話ですね。
そういうお話から、オリオンは『吉兆の印』なんだぁ。

切ない。
時代の流れとはいえ、勝ち目のない戦いに向かう人を送り出す心境って…。
来年の冬。映画館で号泣しそうです。
想像だけで、涙ぐんでる私っていったい…。
いや~ぁ、死んじゃぁ、い~や~ぁぁぁ!(悶絶号泣)
あ、取り乱してしまい、失礼しました。

海軍軍服の詳しい解説もありがとうございます。
素人には、この辺はサッパリ?ですから。
公開が近くなると、皆さまお勉強されて、益々詳しくなるんでしょうね。
玉友さまの中には、制服に非常に造詣の深い方もいらっしゃいますし。きっと、特別レクチャーがあるはず(笑)
泣いてる場合じゃ、ございませんのよ♪
涼子
2008年10月31日 16:10
軍服に造詣の深い涼子でございます。
帝国軍隊はもちろん最近は自衛隊どころか、警察にまで手を出しましたよ(笑)
オリオン・・・
せつない話・・・
感動です。
2008年11月01日 01:03
willさま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!
 玉木宏さんの潤んだ瞳から、妄想が妄想を呼びまして、誇大(古代)妄想狂になっております^^
 これは、あくまでも わたしの勝手な空想の妄想の推察なので、映画館に行って、「なあんだ~!ぜんぜん違う~!」と笑ってやって下さいね。
 なにせ、公開が来年の12月と、待ちどうしいのを通り越して、遥か彼方ですから、待ちきれず、勝手に妄想オンパレードで、場面設定とひとりアフレコしちゃいました。。(笑、汗;;)
2008年11月01日 01:30
涼子さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!
 涼子さまは、軍服にお詳しいのですか?それでは、是非今度、詳しい解説をお願いしますね^^
 やはりフィクションなので、本当の海軍の制服とは、微妙に変えられていますか?それとも、わたしの調査不足ですか?また、涼子さまのブログで、正確なところを御教授下さい^^
 それにしても、玉木宏さんは白の詰襟が似合いすぎですあんな潤んだ瞳で見詰められたら…ぎゃわ~ん…デス。
 あの倉本孝行少佐の視線の先は、『絶対』、男性でなく女性だと推理したのでした~
 これから、冬の夜空にオリオン星座が見れますね。
茶子
2008年11月01日 22:37
りえさま☆
今日は体調いかがですか?
どんなお薬よりもそりゃ、会報や玉グッズの方がおよろしいかと思いますが(^_^)、とりあえずはゆっくり休養なさって下さいネ。

主人の父は海軍の軍人でした。生きて帰り、余生を経営者として生きておりましたが、軍人の時の写真が多くあります。雑誌や会報で見る倉本艦長の制服とそう違わないように思います。久しぶりに義父の写真を出してみようかと…
星座って、見つけるの大変ですよね。でも、
オリオン座だけは、本当にいつもハッキリクッキリ見れるのですよね。大好きな星座です☆
2008年11月02日 00:30
茶子さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました。
 風邪は相変わらず、わたしの身体の中に、引っ付いております^^家にいて、ぐうたらしていると治っているんですが、仕事に出かけると 咳がやたらに出て、またぶり返すという出勤拒否型の風邪なのです^^アハッ!今の仕事があってないのかも…^^
 昔の写真が好きです。セピア色で、黄ばんでいたりするのですが、昔の風俗や流行の髪形や服も楽しいです。母のアルバム写真を見ると、8歳位の母は可愛い白いレースのふちの帽子を被って、スカートの下からレースのペティコートがのぞき、ちょうちんのようにふくらんで レースのひらひらが裾についた白いブルマーをはき、ハイソックスのふちにもレースがついていて、黒いエナメルの靴を履いていました。レースばかり記憶にあって、肝心の服を覚えていませんが。わたしも もう一度見せて貰いましょう^^
 そんな母も祖母と 呉空襲(7/1)の時は、火の海の中を逃げ惑ったそうです。
ミカ
2008年11月04日 12:36
風邪はいかがですか?治りましたか?
暖かいものを良く食べてください!

このブログで日本の昔の軍隊について知りました。
映画オリオンの背景時期は韓国と関係がありますが、でもその部分は歴史的な問題だと思います。
韓国と日本という二つの部分もちゃんと知ることがいいと思います。

オリオン座。
私が好きな星座です。冬になれば見える星座です。
うちの家に帰るとき、その星坐が良くみえます。

なんか私に元気な力をあげるようにキラキラしています。
2008年11月04日 22:15
ミカさま
 안녕하세요∼^^쌀을 고맙습니다!(こんばんは~^^コメを有難う御座いました!)
 心配して頂き、ありがとうございます^^まだ、完全には治っていませんが、大分よくなりました。ただ、仕事の時、咳が止まらないと困るので、飴を口の中に入れています。喉が治ったら、飴は当分欲しくありません。
 そうですね、真夏のオリオンの背景になっている戦争の時は、韓国のみなさまを、日本が悲しみのどん底に突き落としてしまいました。当時は生まれていませんでしたが、日本人のわたしは、韓国の方々に、申し訳ない気持ちで一杯です。ごめんなさい。その事が寂しく、悲しく、悔しいです。同じ人間なのに、繰り返される蛮行。。
2008年11月04日 22:18
ミカさま   つづきです~^^
 当時は日本の市民の一人一人が戦争の意味を分かっていなかったし、戦争反対の言論は封殺されていたと言っていいと思います。それだけに、日本の国のトップにいる人間が責任を持って、国政に当たらなければならなかったのに、国の品性を堕として、他の国の民にした凶行は、韓国や犠牲になられた国の人々を傷つけただけでなく、日本の人々の誇りもズタズタに切り裂いたのでした。『真夏のオリオン』は、その日本の愚かな上層部が起こした愚かな戦争の最後の潜水艦の艦長(玉木宏)が、海軍上層部の方針(回天いう特攻潜水艦で、敵艦を駆逐する)に反して、「全員、生きて帰る」事の為に、出港して行きます。日本の誇りを失わないように…特攻とは、自爆のことです。日本の上層部は日本の兵隊を切り捨てていたと思います。
2008年11月04日 22:19
ミカさま  つづきのつづきです。^^
 このことは、わたしもミカさんもまだよくわからなく、他の意見も沢山あると思いますが、分かっているのは、わたしとミカさんが仲良くし、友達になって、お互いの国の心配をすることだと思います。わたしの目の黒い内は戦争なんてさせません!!! オリオンが輝いていますから…ごめんなさい、思ったことを、つれづれなるまま書いてみました。^^
ミカ
2008年11月04日 23:34
私のコメントに返事することがちょっと難しいですよね。なんか歴史的な部分だから、理恵さんがどうして書いたらいいのかを考えて書きましたね。

でも、りえさんの返事コメント、本当にありがとうございます。こう考えを持っている日本方もいらっしゃることを分かりました。戦争といえば、どんな国でも犠牲する人があります。自国も犠牲させた国も。

玉木の役が国を反して命を守るのなら、良かったんです。韓国のファンたちは玉木くんがその役をするのを聴いた頃、背景が韓国と関係がある戦争だから、ちょっと雰囲気が落ちました。

でも、私は玉木くんとちょっと見守る入場でした。どんな映画だかとを、まだ分からないから、今までもこう入場です。

どんな戦争でも人間にとってそうにいいものじゃないんです。自分がどんな考えを持ってるのが自分がある入場だから、それが観点を作ると思います。
ミカ
2008年11月04日 23:43
日本に生まれたというのが韓国に生まれたというのがその問題の前に立つようになる。

歴史の中で、国の問題だから。

でも、一人の人間として、人間対人間にしても、戦争のことをちゃんと考えてあったら、良いと思います。私たちは国と国じゃなく、人間対人間にして出会ったことだから。
ミカ
2008年11月04日 23:54
私たちは国と国じゃなく、人間対人間にして出会ったことだから。お互い憎むのは必要じゃないんです。お互いの文化を相手の入場で考えてみることが重要だと思います。私もそれをしたいんです。すべての問題は理由と原因があるから。

ちょっと長くコメントを書いてごめんなさい。
2008年11月06日 01:22
ミカさま
 コメントをありがとうございました!昨夜は、途中まで、書いて、力尽きてしまいました。。
 ミカさんに真摯に返事をして頂いて、本当に感激し感謝しました。わたしが、ミカさんの立場だったら、そんなに寛容になれるか自信がありません。現実に、ミカさんの身内やお知り合いの御祖父さまや御祖母さまが、確実に戦争で甚大な被害にあわれたでしょうから…
 『見守る立場』でいてくれたことに、驚きました。ミカさんは冷静で公平な人ですね!
 そうですね、戦争の事を一人一人が考える事が大切ですね。^^玉木宏さんも、多分みんなに 戦争の事を考えて欲しいから、この映画に出る事にしたんだと思います。
 ミカさんは、凄く戦争のことを考えていますね。その通りだと思います。『お互いの文化を相手の立場に立って考え理解する』ことが重要ですね。理解しようとしても、分からないこともあると思うけど、それを排除するのでなく、『あるがままを受け入れる』事が大切だと、思います。 ひとつひとつを、誠実に答えて頂いて、有難う御座いました。
 

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ アウトレット

    Excerpt: 愛する人を導いて~23号妄想~ たまゆら/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ アウトレット racked: 2013-07-03 12:07