さあ、楽しい音楽の時間です!

 待ちに待ってました「のだめコンサート」

 正式名称は、「茂木大輔の生で聴く のだめカンタービレの音楽会 Lesson1」と言います。

 コンサートが8月28日(木)に広島であるのを、玉友さまに教えて頂いて、遅くからローソンで申し込んだので、席が選べませんでした。
 チケットを、あとよく見たら、S席で(S席しか、もうなかったんです)1階の13列の13番だったんです!13が2個もあるから売れ残っていたんですかね~くしくも、わたしのラッキーNO.が1と3なので!超絶ラッキーです^^なにか、とてつもなく良いことありそうで
 
 ちなみに 千秋がのだめに、R★Sオーケストラのチケットを「これは、一番いい席、ただでやるから こっちで入れ」と、あげるんですが、その番号が13列の24番なんです!11個向こうの席でした!
 のだめコンサートの時は、13列の24番が一番早く売れそうですね。のだめが「彼女席ですか」と、聞いていますね。千秋は「そうじゃなくて…」と、言ってますが

 13列で、のだめちゃんと列だけでも一緒なので 嬉しいです



 ブログでコンサートの事を、教えて頂いた玉友さまには、勿論 ブログだけで、お会いしたことがなかったんですが、コメントなどを頂いたりしている内、わたしより年下なはずなのに、優しくて しっかりしていて 方向音痴でない とても良い方というのが分かって来ました。
 それで、コンサートの後、会いましょうという事になりました。初めてお会いする玉友さまです
 28日の1週間ほど前から、だんだん実感が湧いてきまして、いつもはひとりで妄想しているだけのわたしですから、なんか落ち着きません。

 クラシックなので、服装もGパンではNGだそうで、「なに着て行こうかな~^^」と考えている内、2日前になってしまいました。
 大変ですスカートが入りません

 そういえば、仕事のストレスから、1年前より6キロ増量しておりました
 頭で考えていることと、実際が違いすぎます

 1日前。今日は介護教室が、お昼までです^^さあ~スカートの調達です!

 悩んで結局、お店の方のアドバイス通りのスカートとTシャツにしました。同じお店の別の店員さんが、「コンサートには地味よ~」と囁くので、なんだか不安になりました。あのお店の従業員さん達は内部分裂しているか、思う事を何でも言える仲良しさんか どちらかです。

 耳元で囁かれた事が気になりつつ、ショッピングモ-ルをエスカレーターの方に歩いていると、ヤングのお店の前を通りました。可愛いのが一杯あります娘のを見るふりして、レースとかとかフリルとかスパンコ~ルとかビーズとか付いている地味目なキャミソ~ルを2枚買いました


 
 やっと、のだめコンサート当日

 介護教室はあっと言う間です^^

 バイクでお家にとって帰して、着替えて出発です!わーい!わーい!

 快速の電車が丁度来たので、早く広島に着きました。

 方向音痴のわたしが、広島厚生年金会館まで行くのに、電車やバスに乗ったら、降りてからが迷いそうなので、ここは大事をとって、早目ですが、タクシーで行く事にしました。途中で大渋滞して、平和大通りで動かなくなりました。4台の玉突き事故でした。 怪我をされてませんように…
 
 開演7分前に着きました。まだ沢山の方が入口に並んでいました。やっと、入れてほっとして、階段を上がったところで、茂木大輔さんの本や出演者のCDなど販売していました。購入したら、あとで御本人からサインが頂けるそうで、スタッフが大きな声で説明されていました。あんまり仕事熱心なので、つい「くわしっく名曲ガイド」と、のだめ音楽会のプログラムを購入、会場へ滑り込みました。13列…と探していると、スタッフの女性が案内して下さいました。その節は、お世話になりました。 

 

            

     さあ、楽しい音楽の時間です。 



 1.歌劇「ウイリアム・テル」序曲より「スイス独立軍の行進」:ロッシーニ

 2.2台のピアノのためのソナタ二長調K.448(375a)より第一楽章:モーツアルト
 ピアノデュオ:プリムローズ・マジック

 3.オーボエ協奏曲ハ長調K.314(285d)より第一楽章:モーツアルト
 オーボエ:古部 賢一

 4.バソン協奏曲第2楽章よりLargo cantabile(ラルゴ カンタービレ):ジョリヴェ
 バソン:小山 清

 5.ラプソディー・イン・ブルー:ガーシュウィン(倉田 典明 編曲)
 鍵盤ハーモニカ:吉田 絵奈
 ピアノデュオ:プリムローズ・マジック


   休憩

 6.交響曲第1番ハ短調Op.68:ブラームス



         指揮、おはなし 茂木大輔
         管弦楽      広島交響楽団


 会場は、満員でした。以外と親子連れで来られている方々が多く、即売会の横が黒山の人だかりだったんですが、覗いて見ると、オーケストラ管楽器体験コーナーがあって、様々な楽器に実際に触れてもいい企画らしく、子供達が並んで、触っていました。そこでは、声も聞こえましたが、演奏が始まるとピタリと静かになり、4.5歳のお子様もいらしたので驚きでした。えらい!

 演奏会の流れとしましては、舞台の後ろにスクリーンがあって、演奏中、そこにのだめカンタービレのマンガや、曲の解説や、演奏者の紹介などが映し出されます。指揮者の茂木大輔さんも、曲の前後に楽しいおはなしをして下さり、2時間あまりがあっという間に過ぎていきました。


 1.歌劇「ウイリアム・テル」序曲より「スイス独立軍の行進」:ロッシーニ

 のだめカンタービレinヨーロッパ1のプラティニ国際指揮コンクール第1次予選を思い出します。
 並木ゆうこがくじを引いて、「やったわ、ジャン!あなたのお好みのロッシーニよ~!」と言って、いちゃいちゃするところや、ジャンの指揮で、ロランは白い薔薇や花びらが舞い上がるのが見えたり、その前に指揮した千秋のハイドンで黒い羽根が舞い上がったり!
 ウイリアム・テルが息子の頭にりんごを載せて 弓矢で射抜く話は有名ですが、スイスの英雄だそうで、わたしはずっとロビンフッド(イギリス)と混同してました。ごめんなさい。

 やはり、生のオーケストラの音は最高です!


 ジャン「イングリッシュ・ホルンのトリル、もっと 美しく。」


 冒頭の 
 イングリッシュ・ホルン
 夜が明けていき 
 うす明かりの中  
 光が満ちていく

 ピッコロ
 小鳥たちが
 集まり
 さえずり
 小枝をつたい
 おりてくる
 地上のみんなが
 ひとり ひとり
 目覚めていく


 トランペットが鳴り響く
 スイス独立軍が
 自由と平和を
 謳歌しながら
 気高く
 頭をあげて
 
 行進していく!
 
  
 
 沢山の音が重なり合って
 和音と和音が響きあい
 柔らかくて
 優しくて
 包み込むような
 まるで
 玉木宏さんのようでした




 ここで 広島交響楽団のみなさまは 一旦 退場されます。
 指揮者の茂木さんが、そのあいだを埋めて、
 「広島は宝が2つあります。広島カープと広島交響楽団です。」のような事を、おっしゃって下さいました。
 そして、プリムローズ・マジックの登場です。
 最初に、あの伝説の のだめと千秋の「たった2小節で間違えるな~!」の部分を弾いて頂き^^会場が、ぐぐっと盛り上がりました。


 
 
 2.2台のピアノのためのソナタ二長調K.448(375a)より第一楽章:モーツアルト
 ピアノデュオ:プリムローズ・マジック



 わたしは 13列の左から2つ目の席から聴いていました。
 舞台に グランドピアノが2台背中合わせにありまして、プリムローズ・マジックのお二人が鍵盤の前に座ると向かい合わせになるようにセッティングされていました。
 こちらから向かって左のピアノで 石岡久乃さんが、右のピアノで 安宅薫さんが席に着きました。
 ペールライムとセルリアンブルーという 爽やかで鮮やかな色のイブニングドレスに身を包み、二人は目を見交わして、弾き始めました。

 のだめのパートを石岡さんが、千秋のパートを安宅さんが弾いています。

 ドラマでは、石岡さんが 「悲愴」と 「2台のピアノのためのソナタ」のだめパートと 「ベト7」のピアノ版を弾き、安宅さんが「2台のピアノ」の千秋パートを弾きました。 
 
 逆に 石岡さんは千秋の玉木宏さんを指導され、安宅さんがのだめの上野樹里さんを指導されたそうです。

 わたしの席からラッキーなことに、石岡久乃さんの素晴らしく素早い指運びをみせて頂きました。
 感動してしまいました。二人が楽しそうに ピアノの音で追いかけっこしているんです!

 そのあとの「ラプソディ・イン・ブルー」でも、プリムローズ・マジックのピアノは軽やかで圧巻でした。

 休憩の時 勢いあまって、プリムローズ・マジックのCDを2枚も購入してしまいました。

 公演が終わってから、CDや本を購入した人はサインが頂けるのですが、並んで待ってて、自分の番になると、何か言ったんでしょうが、全く覚えておりません。2枚も購入した人が珍しく思えたのか、二人の内のどちらかが、「ピアノをされてますか?」と聞いて下さったのですが、恥ずかしくて「いいえ。」としか答えられませんでした。日頃はずうずうしいおばさんが、こんな時に限ってなんてことでしょう!

 「玉木宏さんのファンです!」と言って、玉木宏さんのピアノの先生の石岡久乃さんから、なにかしら玉木宏さんのお話を聞けたかもしれないのに!情けないやつです。。不甲斐ない自分に腹が立ちます。。折角、話しかけて下さったのに…

 「子供の頃、1年ほど行って、さぼってやめました。」なんて言って、「きっと、お二人は子供の頃から まじめに続けて練習してこられて、今日も素晴らしい演奏をして下さって、感動しました!」と言えたら、良かったのに…そこから、おもむろに「玉木宏さんはどんな生徒さんでしたか?」なんて聞けたら最高に偉かったのに…やっぱり、お馬鹿は治りません。。最後に「ありがとうございました。」としか、言えませんでした。。。(超涙;)









 エネルギーが切れそうなので、しばらく眠ります


 つづく

 



 
 

この記事へのコメント

たぁきー
2008年09月02日 08:20
いつも楽しく読ませていただいています。

♪楽しい時間を過ごされたんですね♪
すてきです。
読んでいるこちらまで楽しくなりました!
will
2008年09月02日 09:58
またとないチャンス、参加できて良かったですね♪
りえさまのウキウキ、ドキドキの波長が伝わってきて、ほっこり、幸せ気分です。
直接サインを頂けて、少しお話もできる…、現実を前に硬直されているお姿を想像して、きっと自分でも同じ様に真っ白状態になるだろうな~と思いました。

あっ、どうしましょ。「つま恋」はもうすぐですよ!
オロオロ。。。(←私が動揺してど~なる?)
今回の経験を生かして、次回はぜひ‼後悔のないよう(祈る思いで)。

つづきを、楽しみにしていま~す。
2008年09月02日 16:46
たぁきーさま
 こんにちは~^^コメをありがとうございました!
いつも読んで下さり、感謝感激です~!
 楽しい貴重な時間を過ごさせて頂きました^^
先週の木曜日の話なのですが、にわかクラシックファンなので、間違った事を書きそうで、色々調べていたら、もう1週間過ぎてしまいます。その間に 玉木宏さん関連の情報を沢山頂きまして、たぁきーさま 有難う御座います!情報にあわあわしたり、うっとりしたり、大笑いしたりで、嬉しい忙しさでした~^^また、楽しい情報をお願いします~!
□~(~~#")~□(シカク請求!シカク請求!…)
2008年09月02日 17:17
willさま
 こんにちは~^^コメをありがとうございました!
そーなんです(涙;)サインを頂いた後のことまで、考えてなかったんです(超涙;)もう、こんなチャンスないですー!後ろに並んでいる人もいなかったしー、話し掛けて下さったしー(超絶涙;)相当、馬鹿です!
 そーなんです!わたしもつま恋が心配になりました!
オロオロ~!玉木宏さんと握手する時、なんと言えば良いでしょうか?「お疲れ様です!」と言うのも、ふつーだし、「大好きです!」と言ったら 引かれそうだし、「頑張って下さい!」なんて言って、これ以上ガンバられたら心配だしー!なんか熱が出て来ました…
 思わぬ所で遭遇した時に、何と言うかも考えとかないとー(汗;)
~(@@")~(あわあわー!おろおろー!龍馬さまー!)
ちょこちょこみんと
2008年09月02日 18:43
こんばんは^^
のだめコンサート行かれたのですね~!コンサート前のドキドキな様子にはまってしまいましたー^^まさに八デート前の乙女ちゃんの様で。。。可愛いです~
つま恋前のりえさまはどうなるのでしょう!?
今から楽しみデス!!その時はりえさまのドキドキを共有させて下さいね~~(〃^∇^)o_彡☆
2008年09月03日 00:58
ちょこちょこみんとさま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!
そ~なんです!つま恋に今から、ドキドキしております。。
 あぶない、あぶない~!地に足が着いておりません!
 しっかりせねば!
 チェックリストと会話シュミレーションリストを作らねば!
~(~~☆")~(気合です~!たまたまー!きー!)
2008年09月03日 16:28
 りえさま~!先日はお世話になりました。いまだ、音楽会の余韻と、りえさまにお会いできた喜びにあふれた毎日を過ごしてます。「おみやっ、おみやっ、先輩からおみや~っ♪」まで頂き感謝してます。悲しいかな、時間がなく御挨拶だけで終わってしまった初対面…。今度、ゆっくり語り合いましょうね。これからもよろしくお願いします(~o~)
 知っておられるかも…ですが、9月7日(日)「題名のない音楽会」では「ベト7」をやるそうです。千秋様指揮じゃないけど(たぶん佐渡さん指揮)やっぱり聴きたい曲ですよね。
 私は、「ブラ1」を「鼻歌ですべて歌いたい!」という願望にかられ、リピリピリピしながら、主旋律を五線紙に書こうと試みていますが、もう挫折しそうです。音は何とか聴き取れるんですが、拍(8分の6拍子から4分の4拍子に変化したりする)がわからないんですよ。総スコア譜は見にくいし高額だし…(T_T) せめて1楽章だけでも~と思いながら、気が遠くなって…。
 りえさま、エネルギー補充できたら、「つづき♪」お願いしますね~♡ 楽しみにしています。それでは~♡
2008年09月03日 18:28
sisuremさま
 こんにちは~^^コメをありがとうございました!
早いもので、もう1週間経ちました。音楽会の後の短い時間でしたが、本当に楽しい会話がお嬢様を交えてでき、舞い上がってしまいました。有難う御座いました。
m(^^☆)mぜひ、今度ゆっくり 玉友会話をお願い致します~^^こちらこそ、よろしくお願いします!v^^)
 知りませんでした。やはり、にわかクラシックファンと本物のクラシックファンは違いますね。ベト7の情報をありがとうございます。
 鼻歌!ですか!?凄いです~!五線紙に!尊敬します!わたしもリピリピリピしているのですが、ブラ1の第4楽章の序奏部がどこからなのか?音に付箋はついていないので…たぶんここかしら?みたいな いい加減ですね。。ここで つまづいてしまって、つづきが書けないんです(@@;)わたしみたいに、なーんにも分かってない人が感想を書くより、お忙しいでしょうが、よかったら、また、のだめカンタービレとクラシックの専門家のsisuremさまの感想をコメントして下さると助かります
m(__")m♪~(~~”)~♪(ブラ1の波に揺られて…)

 

この記事へのトラックバック