山内康豊と坂本龍馬

 こんにちは~^^
 これからの予定は~(分かっているものだけ。もうご存知でしょうが^^)



8/25(月)NHK総合(月)24:10~〔(火)0:10~〕トップランナーに瑛太さん出演。
8/30(土)NHK教育(土)25:35~〔(日)1:35~〕再放送トップランナーに瑛太さん出演。
8/30(土)玉木宏さん出演、クロレッツアイスの新CM放送開始。(玉友さま情報です。ありがとうございました。)
8/31(日)NHK 20:00篤姫…35回「疑惑の懐剣」 玉木宏さん初出演
9/5(金)発売「+act」真夏のオリオン現場レポート&インタビlュー
9/6(土)発売「日本映画magazine」真夏のオリオン現場レポート&インタビlュー


 目白押しですね


 
 瑛太さん出演のトップランナーでは、わたしの勘違いから、皆様に間違った情報をお知らせしました。申し訳ありませんでした。やっと、瑛太さんが出演されるので、ほっとしています。一時、HPから名前が消えていたので、瑛太さんが本当に出演されるのか、疑心暗鬼になってました。MCは山本太郎さんと本上まなみさんではなく、新MCの箭内道彦さんとSHIHOさんです。よろしく、お願いします~



8/20(水)のお昼すぎに、『大河ドラマ「篤姫」スペシャルトーク 姫と上様が明かす撮影秘話』があったんですが、全然チェックしていなかったんです。オリンピックを見ようと、丁度チャンネルを変えてたら、宮崎あおいさんと堺雅人さんが出演していて、あわてて録画したんですが、玉木宏さんの事が出なかったので、そのままになってました。それで、今日じっくり見てみると、少しですが ふれて下さっていましたので、御紹介します。
 
 家定亡きあと、篤姫は出家し 名を天璋院とし、徳川家を守るため 家茂の後見役として全力で支えますが、家茂の正室として天皇家から和宮を迎えると、公家と武家の流儀の違いから、また揉め事が起こります。

 アナウンサーの方から これからの見どころを聞かれ、宮崎あおいさんは

 「新しいキャストの方が沢山出て来るので、京都の人が出てきたりとか、もう後半戦なので、この前天璋院になって、これからが篤姫の人生と言ってもいいくらい、天璋院篤姫という題名なので、きっと最後まで観て 損はないドラマになると思います、なので…」

 と、これからの「篤姫」は、「損はない」ということだそうです

 
 

 なんだか、もう秋になりましたね~。みなさまのお住まいのところは、いかがでしょうか?日が落ちると、急に涼しくなります。

 秋の虫が大合唱してますが、虫の音を風流に音楽的に感じるのは日本人だけだそうです。秋の虫といえば、功名が辻で玉木宏さんが山内康豊をした時のよね姫との場面を思い出します。31回の「この世の悲しみ」でした。

 山内一豊(上川隆也)と千代(仲間由紀恵)の娘のよね(森迫永依)がコウロギを捕まえて、お城で飼おうとしているのを見た康豊が、味土野の里で幽閉されていた 命の恩人(淡い恋心あり)の玉さま(細川ガラシャ:長谷川京子)とコオロギを重ね合わせ、たとえ虫一匹といえども、玉さまのように、閉じ込めてはならない、自由を奪ってはならないと、

「このような狭いカゴの中にコオロギを閉じ込めては、コオロギが可哀想じゃとは思わぬか?」
「虫の寝床はよく出来ておるが、コオロギが親兄弟と離れた悲しさで、よい声で鳴かなくなると わしは思うがな。」と、よね姫さまを優しい眼差しで、諭す場面です。

 そして、その代わりにと 秋の庭先で康豊がよね姫さまにすばやく、草でコオロギを編んで作って差し上げるのです。(うっとり…

 その夜寝所で よね姫さまが康豊のことをロマンティックに夢想し、掛け布団を頭からかぶってもえ~と可愛らしく悶えていたのには、ほほえましく思いました。玉木宏さんが康豊なら、演技ならずとも、らくらくロマンティックになり、もえ~となりそうですよね
 
 次の日 一豊と康豊は、長浜城から京へ出立しました。
 この見送りの時もよね姫さまは、一豊の「よね、母上の手伝いをしっかりするのじゃぞ。」の言葉に、「はい!」と言い、康豊に「よい、返事じゃ!」と、褒められると、千代の胸元に顔を隠し恥ずかしがるのです。一晩で、恋する乙女に変身です。
 
 この設定が不自然に感じないのは、玉木宏さんの康豊になら、一晩で恋してルンルンもありえると思わせられるからでしょうね

 そして、二人が出立するとよね姫さまは、城にもどる千代の手をひっぱて廊下の先に行き、
 「大きくなったら、よねはおじ上の嫁になりとうございます!」
 「父上には内緒。母上とよねのひみつでございますよ。」
 と打ち明けるのです。恋する乙女は大胆です。

 その年の秋も深まった11月末、天正の大地震がありました。
 長浜城は倒壊し、大変な被害をこうむりました。
 一豊も康豊も、秀吉の命で 上洛するように説得する為 家康の元へ行き、その帰り道でした。

 早馬の使者が走り降り、
 
 「大地震があり、よね姫さま御落命!」

 と、叫びました。



 よね、9歳の秋の終わりでした。





 千代は嘆き悲しみますが、あまり泣いていては よねが天国にいけないと聞き、よねに作った小袖を商家の娘に着てくださいとあげたり、南蛮寺へ行って祈ったりします。その時、玉さまに再会し お互い強く生きていきましょうと、励まされるのです。
 子供に先に旅立たれた親の気持ちはいかばかりでしょう…昔も今も、子供は親の喜びです。
 康豊が少しでも玉木宏さんに似て優しい男性だったなら、よねは少し幸福に天国に行けたでしょうか…

 
 その後、千代は門前に捨てられていた赤子(ひろい)を、育て、空虚な心を癒し埋めていきます。
 しかし、ひろいを山内家の跡取りにするのではないかと不安に思う家臣がいたり、眼前で繰り広げられた豊臣家の悲惨な跡目争いを見せ付けられ、千代と一豊は、山内家の跡目争いを恐れ、ひろいを守るため、仏門に入れる事にしました。怖いですね、一歩間違えば兄弟同士で命を掛けた争いですから…

 一豊は関が原の戦いで、家康側に参陣し功をなし、土佐20万石の国司に任じられました。戦国の世を駆け抜けてきた武将山内一豊は、5年後、高知城の築城を見届けて 命の火を消します。
 
 一豊と千代には子供がよね一人だった為、康豊の息子忠義(13歳)を養子にしていました。一豊亡きあと、忠義が土佐藩2代目藩主になり、関が原から2年後、土佐中村2万石封ぜられていた康豊が補佐を2年ほどしました。

 
 藩主が変わると、地元の元家臣を大量に雇うのが普通でありましたが、一領具足(半農半兵)の旧長宗我部氏の武士の多くは、新領主山内一豊に反発し土佐国内で、多くの暴動を起こしました。それに対し、一豊と康豊は武力行使で鎮圧して、多くの旧長宗我部の武士が犠牲になりました。



 このことが、坂本龍馬を坂本龍馬たらしめたと思えます。



 なぜなら、藩の中で武力を使ったことにより、藩の民衆から怨みをかったのは必定で、一豊は5人の影武者と共に、高知城築城の視察に出かけたということです。影武者のことが文献に残っているのも珍しいそうで、それほど危機的状況が続いていたのでしょう。
 なので、重要なポストは外部の有能な人材で固め、以前からの山内家家臣を上士、旧長宗我部氏の家臣を下士、郷士として差別したのです。土佐藩は特に武士の中の身分関係が厳しく、衣食住から礼儀のこまごましたことまで差がはっきりしていました。雨が降ると、上士は傘と高下駄、下士は蓑とわらじという風に一事が万事です。

 これは幕末まで続き、坂本龍馬は 土佐藩のなかでも身分の低い郷士だったのです。


 それゆえ、藩も その大元の幕府も、子供の頃からの差別の元凶としか思えなかったでしょう。


 龍馬は そこから抜け出すため

 千葉定吉に 北辰一刀流の剣術を教えてもらい

 河田小龍という絵師からは 文明開化の世界情勢を聴き

 佐久間象山に スミス&ウエッソンの撃ち方を教えてもらい

 勝海舟には 船のこぎかたを教えてもらい

 横井小楠に 共和政治を教えてもらい

 あらゆる、新しいものに興味をもち

 
 龍馬は 

 上士も下士も郷士もない
 
 藩も幕府もない

 なんの差別もない

 ユートピアを

 知った
 
 

 
 
 


 

 
         
 GOOL
 最後まで 読んで頂いてありがとうございました
 
 

この記事へのコメント

れんこん
2008年08月24日 18:39
りえさま おひさしぶりです。
もうすぐ龍馬様の登場…楽しみですね~ そして長かったですね~ 今日の予告に出ていないかと録画しています。 「スペシャルトーク」録画しましたよ~! 始まって8分ぐらいのところで3次のキャストの会見の模様があり、なぜか北大路さんと玉木さんのみアップ映像がありました。N〇Kの二人への並々ならぬ期待を感じたのは私だけでしょうか? 他にも映像がないか期待していたのですがその一瞬だけでした。でも、リアルタイムではまったく玉木さんをスルーしていたのでほんの一瞬の映像のゲットにも狂喜乱舞し、旦那に白い目で見られました。康豊役といい土佐のことを勉強したくなりますね。 りえさまのブログで物知りになった気分です。
実は私、長浜城のある県に住んでおります。昔、よねが亡くなってしまうような大きな地震があったのかといろんな意味で感慨深かったです。その上信長役でもわが県が舞台でああ、もったいないことをしました…(涙)
2008年08月24日 20:03
れんこんさま
 こんばんは~^^お久しぶりです~^^
 もう、やっとという感じですね!本当に長かったですね^^期待が膨らみすぎて、ドキドキします!そうですよね、篤姫の前後で予告があるかもですね!早速、録画追加しておきました!有難う御座います!えーー!スペシャルトークに玉木宏さん出られたんですか!?肝心なところをスルーしてました!狂喜乱舞するお気持ち分かります。(今、わたしは反対の気持ちです↓)
 そうなんですか~長浜城や安土城や、お城が沢山あったんですね。安土城の天守閣はどんな風だったんでしょうね?安土城自体も大きくて美しいお城だったとか…
「もたいないことをしました…」ということは、ロケがそちらで、あったんですか?それは、残念!それをどんなだったか妄想するだけで、楽しいですね!玉木信長がつば広の帽子を被って、馬に乗るシーンとかはどこでロケしたんでしょうか…わたしも、近くで潜水艦のお勉強をしていたと新聞で知った時は、くっーー!!って変な声を出して、なんで気が付かないの!と悔しがってました。うちの旦那さまも呆れてました。(@@)"~
茶子
2008年08月24日 20:57
こんばんは~☆
「功名が辻」、録画せずに初回からずっと見てましたが、そう言えば、よねのそんな可愛いシーンがあったのですね。大地震で倒壊家屋の下敷きになり、わずか9歳の命を閉じた時は、仲間由紀恵ちゃんの名演技も加わって、思わず涙した事を覚えています。りえさんの回顧録で、もう一度玉木康豊と、よねの可愛いラブシーンが見たくなりました。ガラシヤ夫人への秘めたる思いを抱く玉木クンももう一度見たいです。
そして、始めて気づかされましたが(どんだけ鈍いねん!)、康豊と龍馬が同じ高知で繋がっていたんですよね~そういう目で見ると、また違った感慨をもって、後半の「篤姫」が楽しめそうです。

いよいよ来週ですね。
どれだけこの日を待った事でしょうね。この為に「篤姫」を見続けてきたようなものです、私は(笑)
「篤姫」のレポも楽しみにしていますね~♪

追:今「篤姫」の予告で、玉木クン、ちらっと登場。写真にアップされていた、「背中に花しょってる」とっても綺麗な龍馬です☆
2008年08月24日 23:26
茶子さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました。「功名が辻」をリアルタイムで御覧になっておられたのですか!すごい!大大先輩です!では、もう初期のころからのファンでらっしゃいますか?お目が高い!
 わたしはリアルタイムで観れなかったので、誕生日プレゼントを自分に贈りました。ハイ。それだけのことはありました。味土野の里で玉さまに助けられて、気を失って横たわっていた玉木康豊さまが意識を回復する時の、目蓋をうっすら開ける玉木宏さんのがっしりした全身や、目元のあたりの雰囲気にもう、頭が朦朧としました。篤姫、とても楽しみですね。康豊と龍馬は、高知県繋がりなのは分かっていたのですが、こんな根本的な事で、関係して来るとは思っていませんでした。康豊がどうこうでなく、時代の大きなうねりに翻弄されながら、みんな それぞれの思いで一生懸命生きていたという事が分かりました。予告録画しました!花しょってましたね!~***(~~☆")***~(まねしごんべ~)
will
2008年08月25日 14:40
お久で~す♪
「夏休みは子供だけ。親は休まれない~!」日々も終盤ですぅ。最近は北部九州も涼しくなり、溶けかかった脳も何とか動くようになりました。
お盆休みの「隠岐へ」強行軍、失礼かとは思いましたがウケちゃいました。りえさま&てっちゃんコンビ最高です!
じつは、関門海峡以北にほとんど行ったことがないので、具体的に想像できないんです。(小5の息子の地図帳頼り)
ついでに歴史も疎く、今回の記事で、へぇ~!でした☆
基本的に社会科は不得手ということで…(^^ゞ
図工は好きなので、草バッタ(?コオロギ?)作成にいそしんでおります。(口実は「来年の夏の自由工作のため」)
「クロレッツ®XP」新TVCMスタートに向けて、サイトのほうもリニュかけてきてます。まだ完成していませんが、は~ぁε≡(^o^)、の玉木くんがいましたよ。
倒れそうです(笑)

関係ないのですが…。
りえさまのコメント欄に来られる方も、かなりの長文好き?のご様子。うふふ。仲間だ~❤
2008年08月25日 17:55
w1llさま
 こんにちは~^^コメをありがとうございました!
 夏休みの母親業、お疲れ様です。もう少しですね^^ガンバッテ下さい!母親業は夏休みだけではないですが、こう熱いと特に大変だったでしょう…なんだか、懐かしいです。子育てはあっと言う間でした。高3の娘がもう1匹おりますが、子供って感じじゃなく、田舎のギャルという感じなので、海に行こう!と言ってもついて来ませんし、今は夫婦2人が子供に戻って、お互いの遊びに付き合っております。わたしの遊びのほうが少し突拍子がないですが…(笑;汗)
 草バッタを作れるんですか!器用ですね~!わたしも社会あまり得意ではないですがー!玉木宏さん関係の歴史は俄然ハリキッテ、大勉強もなんのその!こんなに勉強が楽しい!と感じたのは、初めてです。。有難う御座います!クロレッツ行って来ますvvまだ、暑さに気をつけてご自愛下さい。~(~~☆")~(篤姫まで6日!)
 
茶子
2008年08月25日 20:50
功名が辻は仲間由紀恵ちゃんのファンだったから見てたのですよ~最初に康豊が出たとき「あれ、こんな子おったの?けっこー男前やん」てお気楽な事でした。私は「のだめ」で初めて「玉木宏」というタレントを認識したんです。で「功名が辻」も後半になるまで、それが千秋真一の玉木宏だとは、気づかなかったくらい鈍感なんですよ~お恥ずかしい限りです。ですから大先輩なんて、とんでもないですよ。昔っからの玉友さんとかに畏敬の念を抱いている茶子なんです。ですからこれからも新玉友連(そんな言葉はありません(笑)として玉木君のこと応援していきましょうね。あ、それと「花しょってる」は、いろいろな掲示板で結構遭遇する表現なので、既知のものとして使っちゃいました。私も「まねしごんべ~」ですよ。ごめんなさい。それと昨日BIGLOBEの会員登録をして「メッセージを送る」のところからメールをお送りしたのですが届いたでしょうか?実はアメンバーとか何度挑戦しても獲得できないのに、これはスンナリ会員登録できたので少し不安です。もしメッセージ届いてなければ、あれはどこに消えたのかしら?ああパソコンって、ホントに苦手だわ~(・・;)
2008年08月25日 22:56
茶子さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました。
 BIGLOBEのメッセージ、届きました!昨日、返信させて頂きましたが、茶子さまに届きませんでしたか?どこに行ったんでしょう?今、送信欄を見ましたら、送信しているようなのですが、もう一回送信してみます。あの、メッセージはわたしの場合、自分のメールにも届きますし、ブログ内のメッセージ欄に届きました。
 でも、のだめカンタービレをリアルタイムで御覧になっておられたんですね!やはり、大先輩です!わたしはそのとき何をしていたんでしょう!?と後悔しています。「花しょってる」という言葉は、そのまんまの意味ではなかったんですね!わたし、予告のシーンで野菊みたいな花が玉木宏さんの前の方にあったので、後ろの方にも花があったのかと思いました。今日、録画を観ると花がないから、あれ~?と思っていました。別の意味だったんですね!他の方のブログをあまり見ないので、恥ずかしながら、気が付きませんでした。「華やかな、メルヘンな」とかの意味ですか?茶子さまは、お詳しいです~^^全く、疎くて(汗;)勉強になります;
2008年08月25日 23:39
お久しぶりです!①PC検定合格おめでとうございます♪次の課程もがんばって下さいね。②FLJ詩集、堪能させて頂きました。Rockさまの言われる通り、このままではもったいないです。玉木さんに歌詞などプレゼントされてみては?私も応援してます!③島根の旅レポ、すっごく楽しめました。旦那さまの優しさは涙ものです…☆私も出雲大社の天井図を見に行く予定でしたが、往復ハガキで出した整理券がハズレ断念したのですよ(泣) りえさまの行動力、見習います。
 さて、やっと本題です。例のごとく、まだ玉木康豊様とは対面できずにいる私。りえさまの文面から推測すると、なんと心優しい方だったのでしょう。それは、私には玉木さん自身と重なってしまうほど…。絶対見なきゃー。龍馬については娘の課題で、「歴史上の人物の新聞作り」とあったので、すかさず「龍馬」とお願いし、完成したので見せてもらいました。?な所もあったけど私より知識が豊富になってる事は確かです。とにかく、これからの篤姫楽しみですよね!
 昨日、N響アワーに玉木さんの指揮法の師匠、梅田さんが登場。その表情は、時々千秋様そのものにも見え、感慨深かったです~(^^♪ 
2008年08月26日 01:25
sisurenさま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!
 ①と②、有難う御座います~!②はRockさまに大層褒めて頂いて、すごく嬉しくて「玉木宏さんとFLJに送りましょうか」と書いていたんですが、しばらくすると、恥ずかしくなって逡巡していたのです。なぜ、まだ送ってないとお分かりになりましたか?千里眼ですね~(汗;涙)清水の舞台から飛び降りて(馬鹿になって)みます。(笑;震)背中を押して頂いて有難うございます。v
 娘さまの宿題は良いですね!娘さまのまた素直なこと!可愛いですね!篤姫まで、あと6日!また、あの優しい眼差しが観れそうですね!
 えーー!N響アワーに梅田さまが出演されたんですか!にわかクラシックファンのわたしはノーチェックでした!残念…今度からNOKも要チェックですねぇ~
~(~~☆")~/ (じゃ、じゃ、じゃ、じゃーーん!)
@ゆう
2008年08月26日 13:38
功名が辻、上手にまとめられてて、何度もHDDを繰り返し見たシーンですが、りえ様の才能に洞察力に感服いたします。それを、龍馬まで・・・・は~と感心するばかり・・・
ありがとうございました!感謝です(=^・^=)♪
2008年08月26日 18:56
@ゆうさま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!
いつも、お世話になっております。こちらこそ、素早いクロレッツアイスの情報を、有難う御座いました。早速、ここでも使わせて頂きました。m(__☆)m
 わたしも、よね姫と康豊の場面を何度も観ました。それで、虫の音を聴くと、条件反射であの場面が浮かびます~^^よね姫も可愛く、玉木康豊さまがまた、けむったような優しい瞳で…テレビのこちらで悩殺されてました。それから、草バッタを編む器用な指!(うーん!バタッ!)に撃たれて何回倒れたでしょう…^^そして、
この回は、うっとりしたり、倒れたり、泣いたりで本当に、命は儚いですね。(なみだ;涙)と、書きたかったのですが、長々書いている内に 坂本龍馬さままで、辿り着きました。
 お恥ずかしい、こちらこそ、いつも感謝しています♪
~(~~☆")~(は~は~うえ!くろれっつ!)

この記事へのトラックバック