Chou Chou 隠岐の島へ

 お盆休みは、あっという間に終わりました。わたしは、13日~17日までお休みでしたが、旦那さまと休みが13日しか合わないので、その日に末娘と3人で、四国の愛媛へお墓参りに行きました。

 あとの日は、FLJの感想文を書いたり、Chou Chouを見たり、オリンピックを見たり、、KIDS光を観たり、鹿男あをによしを観たりしてました。(うっとり

 東京と神奈川に住んでいる子供達は、帰ってこないし、家にいる末娘はバンドの練習で忙しく、ご飯時しか顔がじっくり拝めません。寂しい限りです~

 旦那さまが、お盆最後の17日はお昼からお休みだから、「どっか行こう!」って言って、子供達が小さい頃によく行っていた島根県の浜田の海に行こか、映画観に行こうかと言うので、車に乗ってから考えることにして、とりあえず出かけることにしました。

 やっぱり、目標を定めないで、外出を決めるとダラダラして、結局2時出発になりました。それで、旦那がPCのインクがないからと家電店に寄るので、実質2時半出発、浜田行きになりました。

 ドライブする時の必需品は、勿論、Bridgeとのだめカンタービレベスト100とRIPPLEと鹿男あをによしサウンドトラックと、のだめカンタービレまんぐーすBOXです~。どこへ連れていかれても、これがあればわたしは絶御機嫌です。

 というか、BridgeとLIPPLEだけでもいいのですが、旦那さまから、たまには他の曲もかけてとリクエストがありますので、旦那さまが好きなクラシック(ベト7など)や運転が勇壮になるサウンドトラック(鹿男あをによし)をかけてあげてます。(まんまでしょ

 順調に高速道路に入りまして、景色と音楽が合います~^^

 お盆は、Shou Shouの「猛暑のボディケアー5歳!術」を見て、わたしも発奮しまして、「筋肉を感じ育てよう」としましたが、寄る年波には勝てず、体ひねり運動(Shou Shouに載っていた運動ではないです。)のしすぎで、首が回らなくなって、首から上が固まったようになって、昨日は一日 頭が痛かったです。。
 それで 今日はなんとか頭痛は治まりましたが、首が回らないので、頭も回転してなかったのです。松江の標識にはたっと気付きました

 Shou Shouにも書いてありました玉木宏さんの夏の思い出は、子供の頃に毎年ひとりで飛行機に乗って、島根県の隠岐の島におじいちゃんに会いに行っていた事だそうです。

 こ、これは浜田へ行っている場合じゃないです


 「おとーーーさ~ん浜田じゃなくて、隠岐の島へいこーーやぁ

 「なんでー」奥さん、突然です!

 「玉木宏のおじいちゃんが住んどるんよ~」あはは!笑うしかない。

 「今から行っても、泊まれんのんよ~。明日、仕事じゃし…」困った奥さんです~溜息…

 「じゃ、行けるとこまでで、いいけん!お願いしますー~」なぜか、すごく隠岐の島が見たくなってしまったんです~!

 「浜田よりずっと、上がらんとお いけんのんよ~!フェリー乗るん」もう、15:30!浜田にも着いてないけど

 「松江のほうから、隠岐の島を見るだけでええけん、お願いします~」どうしても、隠岐の島を見たい!子供の頃玉木宏さんが、夏休みに 毎年ひとりで飛行機に乗って行っていた島。

 「しょうがないねぇー!夜になっとって、くろーて 見えんかもしれんよー。」諦めの境地。

 「それでも ええけん!」やったーーー旦那さまと結婚しててよかった~


 ということで、広島から浜田自動車道を走り、松江方面の山陰道に入り、またひた走り、日本海沿いの国道9号線に下り、江津市を北上し、温泉津町を通り、ここらへんで記憶が途絶えました…
 
 目が覚めたら、車が止まったり進んだりしてます。渋滞です。お盆最後の日なので、帰省ラッシュに捕まったみたいです。

 ここはどこ?わたしはだれ?ここは出雲市、わたしは 旦那さまを運転させ、心地よくお休みになられていた人です!

 出雲市街をゆっくり進み、斐伊川を渡る頃、折りしもマジック・アワーの時間です。陽が落ちてわずかに光が残っている一瞬が、一日の内で一番美しい時間。夕暮れのオレンジ色と赤紫と群青のグラデーションの雲が川面を照らし、川岸に広がるよし原に陰影をつけています。

 いくらなんでも、旦那さまは疲れておられます。「出雲のおそばを食べようか~」休憩しましょう。どこか、お蕎麦屋さんはないでしょうか…と国道沿いを走っていると、願いが通じたのか、忽然と古民家風のお蕎麦屋さんが現れました!

 これこれおそばぁ~車を止めて、お店に入りました。席に案内されて、注文し待っていると、旦那さまが、「たまきさんが おるよ~」って、頭上を指さします。目の前の白壁の上の方を見ると!なんと!「玉木さん」に遭遇しました。ここまで来た甲斐?がありました。もう、外はとっくに真っ暗で、隠岐の島が見えるところまで、いけそうにありません。最初から、分かっていたのですが、旦那さまの休暇が当分ないので、連れてきて貰いましたが、やはり無理でした。
 そんな認めたくないけど、認めないといけない。隠岐の島は見れない。玉木宏さんが夏休みに、ひとりで飛行機に乗って、おじいちゃんに会いに行っていた島。

 そんな諦めの境地に、そろそろ達しかけたころ、「玉木さん」に遭遇しました!調理師免許証と栄養士免許証の札が掛けられていて、そこに「玉木さん」のお名前が書かれてました!

 「えかったねぇ~。ここまで、来た甲斐があったねえ。^^」と、旦那さま。

 「うん。ありがと。」と、わたし。

 一瞬、親戚かと思いましたが、店員さんに聞いた感じでは、違うようです。(それか、店員さんが知らないか?また、妄想をしております…)



 無添加の手打ち出雲十穀そばは、風味があって とても おいしゅうございました。



 違う玉木さんだったけど、玉木さんのおそばを食べれて、来た甲斐がありました。(なぜか、満足!)

 少し元気になって、もう少し行こう!ってことになり、進んだのですが、宍道湖の脇を走り、日本海側に抜ける道を行く内、道も細くなるし、違う道かも?みたいな、標識のなにもない道になり、「おとーさん、もういいけん 帰ろうや~」と言ってみたのですが、「ここまで来て、なにようるん!」と言われてしまいました。

 いよいよ、山道の林道の獣道のような、細くて、暗くて、怖い、一車輪間違えば、崖をころがり堕ちて谷底!みたいな道に迷い込んで、「おとーさん、この道違うよ!もどろうやぁ~!」と、いうと「Uターンできんけん、このまま進むしかないんよー」と、言われ、山奥の森林の暗闇に 足が浮くような怖さを感じつつ…

 ということで、わたしと旦那さまは山越えをして、日本海側に出たのでした。

 山を下りて、しばらく走りましたが、迷って帰れなくなったら大変なので、海岸まで出ないで引き返すことにしました。もと来た道を辿って、山の入り口まで来ると、なんと!工事中の看板!お盆だけ通行許可していたみたいで、唖然!反対側には、こんな立て看板はなかったです。あったら、こなかったのにー!工事中の山道の林道の獣道だったなんて!

 

 細い山道を
 引き返していると
 木々の間から
 黒く光る日本海が
 垣間見えた

 その日本海の
 ずっと向こうに
 隠岐の島が
 ある

 玉木宏が
 子供の頃
 夏休みになると
 毎年 ひとりで
 飛行機に乗って
 行っていた
 隠岐の
 島が
 ある

 



 

 
玉木宏さんは西ノ島の夏祭りが懐かしいそうです。
  http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/


 



 「来年は、隠岐の島に海水浴につれてって!」
 「わかった。」

 

この記事へのコメント

Nuts
2008年08月20日 13:37
お久しぶりです。
りえさん、島根へ来られたのですね!
私も同じ頃、出雲へ里帰りをしておりました。
その日は妹家族とカラオケへ行って、踊ろうよ と希望の海 を熱唱してました♪

9号線を通られて、出雲蕎麦を食べられたとのこと。
そのお店は地元では知られたお店ですが、玉木くんとの関係はたぶん…×です。

隠岐へは到達されなかったとはいえ、玉木くん関連のCDを聞きながらの優しい旦那さまとのドライブを楽しまれたご様子ですね。
実際、フェリーの便数はかなり限られているようですし、出雲空港から飛ぶとしてもたった1便なんですね~。

私は同窓会で、隠岐の西郷に教員として数年ほど住んでいた友人に、玉木くんのおじいちゃんのことを聞いてみたのですが…全く知らないとのこと。
西川峰子が嫁いだ時も、島が違ったせいか友人には全く情報が入らなかったそうで、田舎の閉鎖的な特性?情報が広く伝わらない土地柄?みんな興味ないのか?…う~ん実家は近くだけど、玉木くんを身近に感じれる訳ではない(あたり前ですが)と落胆していました。
私もいつか行きたいと目論んでいます♪
2008年08月20日 19:50
Nutsさま
 こんばんは~^^お久しぶりです~^^コメをありがとうございました。出雲におられたんですか!出雲は行く度に思いますが、神秘的な風景のあるところですね。日本の原風景があるというか、やはり、年に1回(神無月)、全国の神様達が集まってくるからでしょうか?
 有名なお店でしたか?とても、美味しかったです。知らずに、丁度お腹のすいた時 見つけたんです!
 ほんと、わたし達は計画性がなく、行きたい時が行く時で、いつも行き当たりばったりの珍道中で、息子に学習能力がないって言われるんです。(笑)フェリーを調べてみましたが、ほんと少ないですね。これは、2、3日ゆっくりしないといけません!季節便が名古屋から出雲空港に飛んでますね。玉木宏さんはおじいちゃんに出雲空港まで迎えに来てもらってたんでしょうか?あの日、お蕎麦を頂いた後 迷ってしまい出雲空港に入り込んでました。(喜)隠岐の島といっても、島が沢山あるのですね~!わたしも今度は、計画をしっかり立てて、行きたいです~^^Nutsさま、行かれたら感想を是非、お聞かせ下さい!~(~~☆”)~(日本海を遠泳中…)
 
茶子
2008年08月20日 20:40
なんてお優しいダンナさまなんでしょう!
私は一人で車をこぐ時は勿論「bridge」とか「のだめ」とか「鹿男」のサントラとか、時々高尚に「ベト7」とか「ラブマニノフ」とかかけまくりですが、ダンナさんが運転する時はもっぱらラジオで我慢してます。
でも、この前「のだめ」の聖地ともいえる大川をドライブした時はレンタカーのデミオ、運転してくれましたけど、ちょっとシブシブだったわ(笑)
隠岐の島、行けなくて残念でしたね。でも、そう思い立って行動に移したんだから、そして少しでも近くに行けたのだから、拍手ものですよ!「玉木さん」の打って下さったお蕎麦も味わえて…でも、「玉木」という名は、島根県では多いのでしょうか?偶然ですかね?あるいは、玉木クンも、お蕎麦屋さんも地元の方も知らないけど、遠いところで繋がってる方だったりして…。
りえさんの隠岐の島に行きたいっていう思いと、それに大らかに翻弄されるダンナさまとの珍道中が(ご、ごめんなさい)目に浮かぶようで、クスクス笑いながら読ませて頂きました。そして、最後はやっぱりホロリ、です。主婦をも恋する乙女に変身させる玉木宏、おそるべし!
2008年08月20日 22:38
茶子さま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!
 大川をデミオで!最高のドライブですね(ハート♪)茶子さまの旦那さまもお優しいです~^^わたしの旦那さまも内心シブーって思っているかもしれません。大川にもドライブに行きたいです~。これは、ころあいを見計らって旦那さまにアプローチしないといけません!車をこがれるんですか~素晴らしいです!
 女の子店員さんに「島根県には玉木という名前、多いんでしょうか?」と聞きましたら、「県内にあります…」と、お店の事と勘違いして、説明されますので、もう一回、大きい声で聞き直しましたら、「玉木という名前は少ないと思います。」と、答えられたので、玉木宏さん関係ではないと思いました。玉木という名前に敏感に反応されなかったので、そう思いました。わたしも、どちらにしても心の中で 遠い親戚?に勝手にものすごい妄想力でさせて頂いておりました。おそるべき!
~(~~☆”)~(乙女になりきり隠岐に遠泳中…♪)
bake
2008年08月20日 23:31
月子さまのところにおじゃましてますbakeです。こちらでははじめまして!いつもケータイから楽しく拝見させていただいております。
私の地元の島根にいらしてたのですね!七類に向かわれたのでしょうか?であれば、わりと近くまでは結構大きな道だったような?でも、初めての方だと難しいかもしれませんね。ご無事でお帰りになれたようで良かったです。
私、勝手に玉木くんは名古屋からJRとバスとフェリーで隠岐に来てるんだと思ってました。飛行機だったとは。大阪から隠岐に飛んでるので、それかも。でも、空港のある島から西ノ島まで移動しないといけないので大変。一人旅だと心細いと思いました。
それと、たまき!笑わかしていただきました!!うどんしか食べたことないけど、私も今度はお蕎麦食べてみますね~。
でも、わりと玉木さんって島根にはあるような気がします。気がつくようになっただけかもしれないけど。見るとどきどきです。
2008年08月21日 00:42
bakeさま
 こんばんは~^^コメをありがとうございました!いつも、お越し頂き、有難う御座います。m(__☆)m
 島根にお邪魔してました~^^出発が遅かったので、出雲市から、斐川町、平田市と行きまして、もう20時頃で、七類どころか、松江までも行かれない状況だったので、ダイレクトに23号線(斐川一畑大社線)を通って、日本海に出ようとしたんですが、あと地図をじっくり見たら10cmの差で、海に転がり堕ちてたかもしれません。(山越えして断崖絶壁の上を通ってました;)無事に帰れて、良かったです。(汗;)今度は、七類まで行きたいです~♪
 西ノ島のHPに、季節便で名古屋~出雲空港行きがあるようです。それか、おしゃられるように大阪~隠岐空港
行きでしょうか?ほんとうに、西ノ島までが大変ですね。小さい頃から、独立独歩だったんですね。(涙;えらいねぇ…けなげなぁ…)
 「玉木さん」は、島根県に多いですか?気になって、調べてみたら、全国に20,900人いらっしゃるそうです!わたしも、お蕎麦をたべながら、どきどきしてました。
U~(@@☆")~//(ドキドキ玉木蕎麦!!)
ちょこちょこみんと
2008年08月21日 12:54
りえさまのだんな様はお優しいですね~
うちのだんな様とは正反対です。。。
りえさまご夫婦の微笑ましい様子が凄く伝わってきましたよ♪ゝ(▽`*)
私の実家は兵庫の山陰の方なんです。
島根へは昔(子供の頃)に行きましたが、ほとんど記憶に無いんですよね。。。鳥取辺りまでは実家に帰ったら行ったりします。山陰、とか9号線とか耳慣れした言葉を聞くとうれしくなりますね~
隠岐の島には前から行ってみたかったんですが、玉木クンのおじいちゃんの事は内緒にしてだんな様に旅行の提案してみようかな~o(@^◇^@)o
2008年08月21日 17:36
ちょこちょこみんとさま
 こんにちは~^^コメをありがとうございました!
 御実家の近くなんですね。山陰はお庭みたいなものですね!御主人さまは確か、釣りがお好きでなかったですか?隠岐の島は大物が釣れそうですね。
 うちの旦那さまに昨日、「お優しい旦那さまってコメントをもらったんよ~」と言いましたら、「そうじゃろう~^^。」と、ご満悦の様子でした。今夜も「旦那さまはお優しいですね~と、またコメントをもらったんよ~!」と、言って隠岐の島2泊3日の旅をアピールしたいと思います。旦那さまは、日帰りの海水浴を頭に描いているでしょうから…調べましたら、日帰りは無理みたいなので、徐々にアピールしていきたいと思います!
 隠岐の島行き、お互いに徐々にアピールして、ガンバリマショウ~!^^;)/
~(~~☆")~(かなづちなのに、隠岐の2泊3日の海水浴希望^^)

この記事へのトラックバック